脂肪溶解注射で部分痩せ成功│モテパーツ実現注射

施術前に知っておく

同じ施術でも違いがある

目元に打つ注射

美容整形外科を利用して痩身をするのであれば、クリニック選びは非常に重要なポイントとなっています。特に切る脂肪吸引の場合は高度な技術や経験、利用する機械によって術後のダウンタイムも変わってくるので、様々なクリニックでカウンセリングを受けて比較しながら決めるのが良いでしょう。切らない脂肪吸引である脂肪溶解注射などは、施術の時間も短く手頃な価格で施術を受けられるのが特徴ですが、クリニック選びには手を抜かないことが肝心です。同じ脂肪溶解注射でも、クリニックによって利用する薬液が変わってきます。あまりにも安い価格設定のクリニックであれば、安い薬液を利用している場合もあるので、価格だけで選ばないようにすると良いでしょう。また、脂肪溶解注射は切る脂肪吸引に比べると身体に負担が少ないと言われていますが、最近では身体のことを考えて更に身体に優しい薬液なども誕生しています。まずは自分の身体のことを考えた上で効果的な施術があるクリニックを選ぶことが大切です。

術後に影響する

脂肪吸引をしたあとは、できるだけ早い段階で通常の生活に戻る為にも術後のアフターケアはしっかり行なう必要があります。切る脂肪吸引の場合は基本的にダウンタイムが長いので、自分でマッサージやむくみとりをしながら通常の生活に慣らしていくことが大切です。特に脂肪吸引の施術をした患部や、その周辺はできるだけマッサージをして揉みほぐしてあげることが大切です。脂肪吸引の施術方法によっては、術後に内出血が発生する場合もあるので注意が必要です。脂肪溶解注射などの、体の負担が少ない施術であれば内出血も起こりにくいですが、切開を必要とする施術では術後しばらく圧迫しておかなければ内出血が発生してしまいます。内出血が発生する部分は患部よりも少し下の方と言われており、特に冷え性を抱えている人は術後しばらく安静にしておくのが良いでしょう。内出血が発生した場合でもダウンタイムでみられる一般的な症状なのでそこまで心配する必要はありません。

体重に大きな変化はない

脂肪吸引の施術をすると、多くの人が体重も一緒に减少すると考えている人が多くいますが、実際は体重があまり変わらないと言われています。基本的に脂肪吸引で除去する脂肪は皮下脂肪のみなので、もともと内臓脂肪の量が多い人は体重の変化が見られないのが現状です。皮下脂肪の場合、内蔵脂肪に比べても重みが少ない為、除去しても体重の変化は極めて少ないと言えます。実際に脂肪吸引を受けると脂肪細胞の数を減らすのでリバウンドは発生しないです。しかし、その状況に甘んじて暴飲暴食を続けると、残った脂肪細胞がかなり大きくなってしまい結果的にリバウンドを発生させてしまいます。加えて、皮下脂肪を除去してもアルコールの過剰摂取や偏った食生活を続けると内臓脂肪がついてしまうので注意しておくのが良いでしょう。