脂肪溶解注射で部分痩せ成功│モテパーツ実現注射

太ももと注射器

脂肪吸引について理解する

脂肪細胞が減るから痩せる

美容整形外科でも多くの人に利用されているのが脂肪吸引ですが、ダイエットとの大きな違いを理解していない人も多くいます。基本的に身体についた脂肪は、脂肪細胞の大きさが変わることによって体型の変化が起こります。太った場合でも、脂肪細胞の数自体は痩せている時とは変わっておらず、脂肪細胞の大きさが大きくなったことによって体型も太ってしまいます。ダイエットをして痩せた時でも、脂肪細胞の数は減っていないのでいつでもリバウンドが起こりうる状態といえるでしょう。それに対して脂肪吸引の場合は脂肪細胞自体を身体から取り除くのでリバウンドが起こらない身体にしてくれるのが特徴です。何度もダイエットに取り組んでは失敗を繰り返しているという人は、脂肪吸引を始めて見ると良いでしょう。最近では身体に負担の少ない脂肪溶解注射なども誕生しているので気軽に始めることができます。

部分痩せも可能

ダイエットをするときに、自分が痩せたいパーツは痩せないのにその他のパーツだけ痩せるという自体に陥ってしまったことがある人は多いと言われています。ダイエットをするときには自分が痩せたい場所を運動や食事だけで綺麗に痩せられるとは限らない為、ダイエット終了後バランスの悪い痩せ方をしてしまっている人がほとんどです。通常のダイエットに対して、確実に部分痩せをすることができるのが脂肪吸引で、身体の中でも範囲が狭いパーツであれば脂肪溶解注射などの切らない脂肪吸引が良いでしょう。脂肪溶解注射の場合は1回の施術も数分で終わらせることができるうえ、出血がない分身体への負担も少なくて済みます。お尻や胸などのボリュームは残しておきながら、ウエストや二の腕、太ももなどの痩せたい部分だけスリムにすることができるので、部分痩せには非常に効果的な方法と言えるでしょう。

術後はしばらく安静にする

脂肪吸引をした後は、術後しばらくは安静にしておくことが大切です。切る脂肪吸引でも切らない脂肪吸引でも、身体に対して少しながらも負担がかかっています。激しい運動や飲酒などはできるだけ控えるようにするのが良いでしょう。術後、通常の生活に戻るまでの期間をダウンタイムと呼んでいますが、切る脂肪吸引の場合はダウンタイムが3週間程度は必要と言われています。脂肪吸引の中でも比較的ダウンタイムが短いのが切らない脂肪吸引で、脂肪溶解注射なども術後すぐにシャワーや入浴が可能といわれています。注射で利用する薬液やその人の体質によってダウンタイムも変わってくるので確認が必要です。施術をするパーツによってダウンタイムも変わりますが、基本的に二の腕などの小さいパーツは1週間以内ではダウンタイムを終えることができます。太ももやお腹、背中などの広範囲パーツになると1週間以上のダウンタイムが必要になることがほとんどなので、術後は極力予定を詰めないようにすると良いでしょう。

CONTENTS

吸引量に限りがある

女性

脂肪吸引では、除去できる脂肪の量は医師や施術方法、パーツによって変わってきます。部分痩せをしたい人は脂肪溶解注射などの切らない施術、全体的に痩せたい人は切る施術というように施術を変えるのが良いでしょう。

詳しく見る

記事LIST

目元に打つ注射

施術前に知っておく

脂肪吸引をするときにはクリニック選びや術後の経過、脂肪吸引の効果についてしっかりと理解しておくことが大切です。脂肪溶解注射などの軽い施術と切開を伴う大掛かりの施術ではダウンタイムも異なります。

ウエストについたマーカー

注目の施術方法

脂肪吸引の中でも、自然派の脂肪溶解注射は体への安全性が高いとして注目を集めています。その他にもボディジェットやベイザーは短期で脂肪が除去できるとして多くの人に利用されています。

RELATED LINKS